民間救急サービス

ホーム > 民間救急サービス > 設備・スタッフ資格紹介

設備・スタッフ資格紹介

スタッフ資格紹介


消防局適任証 4名
看護師 3名
救急救命士 1名
日本救急医学会ICLSコース認定インストラクター 2名
ICLSコースプロバイダー 1名
日本ACLS協会AHA BLS 認定インストラクター 1名
AHA BLSヘルスケアプロバイダー 1名

※1日本救急医学会ICLSコース
医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。講義室での講義はほとんど行わず、実技実習を中心としたコースです。受講者は少人数のグループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。
※2ICLSコースの名称について
「ICLS」とは「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語です。突然の心停止に出会った時にどのように対処すべきか、というコースの学習目標を端的に示しています。
 心停止はどの医療機関のどの部署においても起こりうるもので、いったん発生すれば蘇生を開始するまで少しの猶予もありません。まさに「Immediate(すぐに、間髪をおかない)」な処置が必要となるのです。心停止直後の処置には、あらゆる医療者がチームの一員として参加し、蘇生を行うことが求められています。
 ICLSコースでは、あらゆる医療者が身につけておくべき、蘇生の基本的事項を習得できるようにしています。
※3日本ACLS協会 アメリカ心臓協会(AHA)とBLSヘルスケアプロバイダー
BLS(Basic Life Support)とは、心肺停止状態の人に対して行う救命処置を指します。ひと口に「救命処置」といっても状況や環境に応じて種類は様々ですが、その中でもBLSは急な心肺停止を想定した救命処置になっています。BLSは、患者さんが容体急変などで心肺停止状態に陥ってしまった時、医師や医療機器が揃うまでの即時対応として行われています。
BLSヘルスケアプロバイダー(BLS for Healthcare Provider)コースとは、アメリカ心臓協会(AHA)という心肺蘇生の国際ガイドライン制定に主体的に関わった団体がダイレクトに作った心肺蘇生教育プログラムです。最新の国際ガイドラインに準拠しているのはもちろん、実質的に世界最高峰の心肺蘇生教育プログラム

搬送車紹介

医療系搬送車

医療系搬送車 2号

搭載資器材について

救命資器材

経鼻・経口エアウェイ アンビューバッグ アンビューセット(ディスポ)

 
AED CPRボード  

観察用資器材

体温計・ペンライト 聴診器・血圧計 SPO2モニター

呼吸・循環管理用資器材

 

流量計付加湿酸素吸入装置 酸素ボンベ 携帯酸素ボンベ

鼻カニューレ バイトブロック 酸素マスク

自動式吸引器 せっし・かんし・クランプ 吸引カテーテル
     
     

搬送用資器材・他

リクライニング車椅子 車椅子 ストレッチャー

設備概要

車輌台数
医療系搬送車 2台

設備
AED 1台
心電図モニター 1台
Spo2 2台
スクープストレッチャー 2台
布担架 1台